空気と反応する表札 -円形プレート-

¥34,000 (税別)

空気と反応する表札は、経年変化を楽しむための金属製の表札です。
表面に変色防止加工を施していないため、その土地、その場所に馴染むように、色合いや模様が変化していきます。
ゆっくりと時間をかけ、少しずつ手を加えながら、あなただけの表札を育ててください。

こちらは円形プレートの金属板に、お好きなの文字を入れて製作します。
材料は真鍮と銅の2種類、フォントは下記の5種類からお選びください。
また、ご自身で作成のロゴや文字などでも製作することができます。

[ 内容 ]
・空気と反応する表札 -円形プレート-
説明書

[ 詳細 ]
・大きさ:直径 170mm / 厚さ1.5mm
・材料:真鍮
・フォント
F-01:筑紫A丸ゴシックB
F-02:メイリオR + FUTURA Medium
F-03:ヒラギノ角ゴシックW0 + Atlanta Book
F-04:DFP中楷書体
F-05:游明朝体Ex


[ ご注文方法 ]
step 1 下記フォームをご入力いただき、「送信」をクリック。

step 2 「カートに入れる」ボタンより、購入手続きへお進みください。

step 3 ご入金確認後、3営業日程度で仕上がりイメージをメールにてお送りします。
※ 文字入れは大きい方の文字、小さい方の文字(ふりがななど)の2箇所です
※ ロゴ入れなど、フリーフォーマットをご希望の場合は、ご購入後にPDFデータを下記アドレスまでお送りください(追加料金なしでご対応させていただきます)
info@86400.tokyo
※レイアウトの変更は1度のみ無料でお受けします
※レイアウト確定から1〜2週間後(10営業日程度)に出荷します


[ カスタムオーダー ]

販売中のもの以外にも、さまざまな形の表札を製作することが可能です。
ご希望の方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
info@86400.tokyo

<例>

内容 価格(税別)
円の直径を小さくする 追加料金なし

※ デザイン費や加工賃が加算されるため、基本的には販売中のものより高価になります


ご購入に際して

銅のものについては、文字と材料が同色に仕上がるため、視認性は高くありません。
また、雨にさらされた後などに定期的なメンテナンスを行わない場合は、さらに視認性が低下します。
必要なとき以外はあまり名前を見られたくない、強調したくないという方におすすめです。

商品は一つずつ手づくりで製作しています。
製作の過程でできる細かなキズや凹凸や手作業での裁断・加工による多少の誤差なども、個性として楽しんでいただければ嬉しいです。

こちらの商品は、宅急便コンパクトにてお送りします。

 

▲ 商品一覧に戻る

 

商品コード: ser005-2 商品カテゴリー: , ,

家が、我が家になる。

表札を掲げてみる。
金属板でできた表札は、その場所に馴染むように、少しずつ色や模様を変えていく。
日々の変化を楽しんだり、あえて雨の跡を残したり、ピカピカに磨き上げたたり。
空気と反応する表札は、自分だけのものに育てていく、その時間を楽しむための生活の道具。
この表札を掲げることで、家やその土地への愛着がより一層深まります。

 

 

1. 使い方

<5日間の変化>

day1. 新品の状態
day2. 細かな雨が点線の模様になって残る
day3. 雨だれの水滴により、下部が白っぽく変色
day4. 強い雨に打たれて表面が強く変色し、赤、黒、青、白とさまざまに色づく
day5. 表面をナイロン不織布(台所用スポンジの固い面)で2~3分磨いた後の状態

空気と反応する表札には、クリアーラッカー塗装などの変色防止加工を施していません。
銅や真鍮は、酸素と触れることで酸化反応を起こし酸化膜を形成、表面を保護しつつ鈍色に変わっていきます。
温度・湿度などの設置状況、手で触れるかどうかなどで全く異なる表情に仕上がっていくため、
自分だけの表札として育てていくことができます。

 

2. つくり方

銅版画の技術を応用し、マスキングした金属板を腐食液に浸して溶かすことで、文字やロゴ部分だけ浮き出てきます。
その後、表面を研磨し、ヘアライン仕上げにして完成です。

 

3. お手入れ

空気と反応する表札は、時間が経つと黒く変色したり、水跡が残ったりしますが、
これらを取り除きたい場合は、ペースト状の重曹やお酢で磨くか、乾いたナイロン不織布でやさしく磨いてください。
一方向にこすったり、円を描いたりと、磨き方次第でさまざまな表情をつけることができます。
また、研磨剤入りの液状金属磨きをやわらかい布につけて磨くことで、光沢のある輝きに仕上げることができます。

その他、詳しい使い方やお手入れの方法は「メンテナンス」をご覧ください。

 

4. 商品ができるまで

2019年8月、賃貸住宅が建つ予定の、とある空き地にて、ワークショップ「金属プレートで表札をつくろう」を開催。
そのイベント告知をご覧になった、雑貨店を営むご夫婦からのオーダーメイドを経て、空気と反応する表札は商品化されました。

商品が生まれた経緯については、クライアントインタビュー「人々個々」をご覧ください。

 

 

 

より良い商品の紹介 …