◆ 取り付け方

商品や取り付け箇所の状況にあわせて、適切な接着方法をお選び下さい。
いずれの場合も仮止め固定する際は、金属板表面に直接テープを貼り付けると跡になって残る場合がありますので、
表面を布や厚紙などで覆ってください。

a. 両面テープ
取り付け箇所に凹凸がない場合や、長方形プレートの表札など比較的軽い表札に適しています。
壁面のホコリを取り除き、
取り付けしやすい方法ですが、接着面が雨や乾燥などにより劣化し落下する危険性があるため、
定期的に(一年に一回など)確認、再接着の必要があります。
金属用、屋外対応のものをお選び下さい。

b. 接着剤
取り付け箇所に凹凸がある場合や、長方形プレートはもちろん、円形プレート円形ヘラ絞りの表札など
比較的重い表札に適しています。
定期的に(一年に一回など)確認し、場合によっては接着し直す必要があります。

c.取り付け金具

円形ヘラ絞りの表札に付属する取り付け金具を用います。
壁にアンカー用の穴をあけて金具を固定するため、強固に取り付けることが可能です。
ボルトを緩めることにより、金具と表札を取り外すことが可能で、メンテナンスしやすいことも特徴です。
また、壁面から浮き出して取り付けるため、背面に影ができ、立体感・高級感のある表札に仕上がります。


◆ お手入れ

指紋跡や黒ずみを取り除きたい場合は、乾いたナイロン不織布(台所用スポンジの固い面)でやさしく磨いてください。
一方向にこすったり、円を描いたりと磨き方次第でさまざまな表情をつけることができます。
※作業を行う際は、壁面が汚れないように、養生テープなどで表札の周りの壁をあらかじめ保護してください

他にも、お酢やポカリスエットなど酸性の溶液をやわらかい布につけて磨いたり、
20~30分程度つけ置いたりすることで、表面についた黒い酸化膜を溶かしてきれいにしていきます。
また、研磨剤入りの金属磨きをやわらかい布につけて磨くと、表面がピカピカに輝いていきます。
※つけ置きはムラや模様が出る場合があるので、度々確認しながら行ってください


なにかご不明な点などありましたらご連絡ください。
日々のお手入れを通じてあなただけの道具に育てていくことができるよう、 引き続きお手伝いできたらと考えています。

info@86400.tokyo

Scroll to top