クリアーラッカー塗装などの変色防止加工を施していないため、酸化反応を起こし酸化膜を形成、表面を保護しつつ鈍色に変わっていきます。
温度や湿度、設置状況、お手入れの頻度などで全く異なる表情に仕上がっていくため、自分だけの表札として育てていくことができます。

 

1. ナイロン不織布で研磨する

[ ナイロン不織布で研磨 ]→[ 拭く ]

乾いたナイロン不織布、もしくは台所用スポンジの固い面でやさしく研磨してください。
一方向にこすったり、円を描いたりと、磨き方次第でさまざまな表情をつけることができます。

初めは、軽く磨くのがポイントです。
表情を確認しながら力加減を調整してください。経年変化の風合いを活かした仕上がりになります。
文字の部分だけを、軽く磨くことで視認性が向上します。

空気と反応する表札は、仕上げにナイロン不織布を用いるランダムヘアライン仕上げを採用しているため、
多少技術は必要ですが、この方法により元の輝きを取り戻すことができます。

なお、ナイロン不織布は、ホームセンターなどで手に入れることができます。
参考:「スコッチ・ブライト工業用パッド」3Mジャパン株式会社

※ 壁面に表札を設置したままお手入れを行うと、金属粉などで壁面が汚れてしまう場合があります

 

2. お酢で洗う

[ お酢で洗う ]→[ 中性洗剤で洗う ]→[ 拭く ]

変色によるくすみには、酸性の液体、例えばお酢が有効です。
酸化銅が、お酢に含まれる酢酸(CH₃COOH)と反応し、酢酸銅と水に変化させていきます。

CuO + 2 (CH₃COOH) → Cu(CH₃COO)₂ + H₂O

また、お酢と塩を1:1の割合で混ぜて洗うのもおすすめです。
塩は上記の反応を促進させるため、より綺麗に指紋跡や黒ずみを取り除くことができます。

※ お酢に付け置きすると、輝きにムラが出る恐れがあります
※ 壁面に表札を設置したままお手入れを行うと、溶け出した黒ずみにより壁面が汚れてしまう場合があります

 

3. ペースト状の重曹で磨く

[ 重曹で洗う ]→[ 中性洗剤で洗う ]→[ 拭く ]

くすみを取り除く別の方法として、化学反応ではなく、削り取る方法も。
水と重曹を1:2の割合で混ぜたものを歯ブラシなどにつけて使用します。
細かい粒子で表面を研磨することで、指紋跡や黒ずみ綺麗に取り除くことができます。

※ 壁面に表札を設置したままお手入れを行うと、溶け出した黒ずみにより壁面が汚れてしまう場合があります

 

4. 液状金属磨きで磨く

[ 液状金属磨きで磨く ]→[ 拭く ]

研磨剤入りの液状金属磨きをやわらかい布につけて磨くことで、光沢のある輝きに仕上げることができます。

なお、研磨剤入りの液状金属磨きは、ホームセンターなどで手に入れることができます。
参考:「ピカール」日本磨料工業株式会社

 


 

なにかご不明な点などありましたらご連絡ください。
日々のお手入れを通じてあなただけの道具に育てていくことができるよう、 引き続きお手伝いできたらと考えています。

info@86400.tokyo

Scroll to top